スマートフォン用の表示で見る

4K

コンピュータ

4K

よんけー

テレビやディスプレイにおける画面解像度を表す用語のひとつ。

概要

一般的に横の解像度が約4000ピクセル持つディスプレイデバイスを指す。横縦の解像度が1920 × 1080ピクセルである「フルハイビジョンフルHD)」の約4倍の解像度。一般的に4Kと言った場合は解像度が4096 × 2160である「ネイティブ4K(またはDCI 4K)」を指すことが多い。テレビ産業では解像度が3840 × 2160のウルトラHDテレビ(4K UHDTV)を4Kのスタンダードとしている。

デジタルシネマ(DC)産業においてはネイティブ4Kである4096 × 2160を採用し、2.39:1のシネスコの場合は4096 × 1716、1.85:1のワイドスクリーンでは3996 × 2160である。

またパノラマにおいては解像度が約4096 x 1024のアスペクト比が4:1の「4K パノラミック(4K Panoramic)」が用いられる。

またYouTubeVimeoなどの動画ストリーミングサービスにおいても4096 × 3072の解像度に対応している。

関連ニュース

  • 2011年12月に東芝が世界初の4K液晶を搭載した裸眼3Dテレビを発売した。
  • 2014年5月20日、次世代放送推進フォーラムにより同年6月2日より4Kの試験放送を開始することを発表。124/128度CSデジタルを使用し、放送する映像は画素数3840×2160ドットの4K60P。映像圧縮方式はHEVCを採用。

主なスペック

ネイティブ4K(映画など)

横×縦4096 × 2160
横縦比256:135(約17:9)
ピクセル8,847,360

4K UHDTV(テレビ)

横×縦3840 × 2160
横縦比1.78:1(16:9)
ピクセル8,294,400

SONY ビデオカメラ Handycam AX100 デジタル4K FDR-AX100

SONY ビデオカメラ Handycam AX100 デジタル4K FDR-AX100

目次