スマートフォン用の表示で見る

683系

地理

683系

ろっぴゃくはちじゅうさんけい

2001年(平成13年)に登場したJR西日本北越急行特急型交直流電車の形式。

0番台

JR西日本所有。2001年3月にデビュー。

6両編成6本、3両編成6本の54両が在籍。金沢総合車両所に新製配置されたが、後述する4000番台の投入によって京都総合車両所に配置されていた485系が置き換えられたため、補充用として一部が京都総合車両所(現:吹田総合車両所京都支所)に転属した。いずれも各営業所の681系0番台と共通運用されている。

特急サンダーバード」「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」「びわこエクスプレス」に使用される。またダイヤが乱れた際には「雷鳥」に充当されることもある。余談だが、この形式の愛称幕の中には「能登」も収録されている。

2000番台

JR西日本所有。2003年3月にデビュー。

5両編成12本、3両編成9本の87両が金沢総合車両所に在籍。

もっぱら特急しらさぎ」に使用され、JR東海の管区にも乗り入れる。

8000番台

北越急行所有。2005年3月にデビュー。

6両編成1本、3両編成1本の9両が在籍。

特急はくたか」に681系と共通運用で使用される。列車別編成使用計画表は北越急行HPに掲載されている。

JR西日本所属の683系は160km/h運転対応をしていないのに対して、本系列は対応しているため北越急行線内でも160km/h運転が可能である。

4000番台

JR西日本が所有。2009年6月にデビュー。

9両編成12本、108両が金沢総合車両所に在籍。

特急サンダーバード」の富山・魚津発着列車にもっぱら使用される。

大阪寄りの先頭車クロ682型4000番台は非貫通先頭車だが、将来の他線区転用に備え、前面貫通扉の準備工事がなされている。