スマートフォン用の表示で見る

7人制ラグビー

スポーツ

7人制ラグビー

しちにんせいらぐびー

球技のひとつで、1チームあたり7人のプレーヤーを特徴とするラグビーの変種。セブンズ(Sevens)とも言う。

グラウンドの広さはそのままで、試合時間が14分(15人制は80分)と短い。

試合時間は通常7分ハーフ。基本的なルールなどは15人制と同じだが、FWとBKがスクラム以外は明確でない。

2016年リオデジャネイロオリンピックから、オリンピックの正式種目として採用される。