811系

一般

811系

はっぴゃくじゅういちけい

811系電車は、九州旅客鉄道JR九州)の交流近郊形電車。

読み方は「はちいちいちけい」とも。

北九州福岡大都市圏における快速列車の増発と、421系の置き換えを目的として、1989年(平成元年)から1993年平成5年)にかけて4両編成28本(112両)が製造された。全車が南福岡車両区に配属されている。

車体は軽量ステンレス構造で、片側3箇所に両開き扉を設置し、全扉または中間扉のみの選択開閉(ドアカット)が可能である。扉の間にバランサ付きの一段下降窓が3枚(一つおきに固定)ある。車体の大部分は無塗装であるが、側面窓下部に青色415系と同じ近郊色)と赤色(JR九州のコーポレート色)の帯が互い違いに配されている。前頭部は普通鋼製で、白色に塗装されている。先頭車前面には貫通扉を設けているが、非常用のため幌も幌枠もなく、編成間の貫通には使用されない。

2008年には、全編成の排障器が813系と同様の乗務員室昇降ステップ組込み大型のものに交換されている。一部の編成では客室側窓の一部固定化改造も施工されているが、落成当初から扉間の中央と車端部以外の側窓が固定式とされている813系と異なるのは、車端部から一箇所おきに固定式とされている点である。

2005年(平成17年)春以降、車外スピーカーの設置が進められている。

2010年からATS-DKの設置工事がおこなわれ、PM-5を最後に終了した