817系

地理

817系

はっぴゃくじゅうななけい

JR九州の一般型交流電車。福北ゆたか線長崎本線日豊本線などに投入されている。

2両編成が基本で、ワンマン運転も可能。「Commuter Train? 817」のロゴが入っている。

車体構造は豊肥本線に投入された815系に準じている。885系の「白いかもめ」「白いソニック」にも似た革張りの座席が並んでいる。

基本は転換クロスシートだが、2012年には、増備車としてロングシートの2000番台・3000番台が登場し、3000番台は3両編成となる。

主な番台区分

0番台

2001年に登場した最初のグループ。

福北ゆたか線長崎地区に合計31本が投入され、その後の車両増備によって福北ゆたか線の編成は熊本鹿児島地区に転属している。

1000番台

2003年に登場。0番台をマイナーチェンジしたグループ。

14本が福北ゆたか線に投入され、現在は一部が熊本鹿児島地区に転用されている。

1100番台

2007年に登場。1000番台とほぼ同じで、このグループから行き先表示を大型化した。

4本が福北ゆたか線に投入された。

2000番台

老朽化した717系置き換え用として2012年に登場。1100番台をベースにロングシートに変更したもの。

車体は白く塗装されている。また、車内蛍光灯LEDとなった。トイレも大型化の上改良されている。

福北ゆたか線に6本が投入され、捻出された在来番台を転用することによって717系の置き換えが行われた。

3000番台

老朽化した415系0番台の置き換え用として2012年に登場。2000番台の3両編成バージョン。

車内はロングシート

鹿児島線福岡北九州地区に投入されている。

配置区所

直方車両センター

福北ゆたか線で運用される1000・1100番台12本と2000番台6本が在籍している。

熊本車両センター

0・1000番台7本が在籍し、鹿児島線熊本地区と豊肥線熊本肥後大津間で運用されている。

鹿児島車両センター

0・1000番台18本が在籍し、鹿児島線鹿児島地区と日豊線宮崎・鹿児島地区で運用されている。

長崎車両センター

0番台12本が在籍し、長崎線佐世保線で運用されている。

南福岡車両区

鹿児島線福北ゆたか線のラッシュ用として3000番台5本が在籍。

817系
目次
  • 817系とは
  • 主な番台区分
    • 0番台
    • 1000番台
    • 1100番台
    • 2000番台
    • 3000番台
  • 配置区所
    • 直方車両センター
    • 熊本車両センター
    • 鹿児島車両センター
    • 長崎車両センター
    • 南福岡車両区