スマートフォン用の表示で見る

90式戦車

一般

90式戦車

きゅうまるしきせんしゃ

90式戦車は、米M1エイブラムスや独レオパルド2など世界の主力戦車に匹敵する性能を持つ、陸上自衛隊主力戦車(MBT)。垂直に切り立った装甲をもち、無骨な外観が特徴的である。

戦後第3世代主力戦車と呼ばれる世代に位置し、セラミック主体と思われる日本独自開発の軽量複合装甲*1と、全自動装填装置の採用による砲塔の小型化で、同格の各国主力戦車と比べ5〜20t程度軽量となる50tに収まった。最高速度は70km/hと、機動性も極めて良好である。

攻撃面では高性能の射撃統制装置により高い命中精度を誇り、特に走行間射撃の精度には定評がある*2

また自動装填装置により毎分15発の速射が可能なほか、油圧式サスペンションにより、車体を前後に傾斜させることも出来、物陰に身を隠しての射撃も得意としている。

優れた能力を持つ90式ではあるが、山岳地の多い日本では50t級の重戦車の活用は諸外国の同世代戦車に比べて軽いとは言え難しく、また前機種である74式と比べて高価*3なこともあり配備数は決して多くない。そのため、配備先は北海道の各戦車部隊や、本州の一部部隊のみに限定されている。

ちなみに、諸外国からの評価も非常に高く、米国の演習場に派遣されて射撃訓練を行った際には、先述の驚異的な射撃性能で、米軍関係者を驚かせたと言う。また、数年前に米軍事業界が発表した優秀な戦車の格付けでは、1位のM1エイブラムス戦車(アメリカ)、2位のメルカバ戦車(イスラエル)に続き、世界第3位の座に輝いている。

諸元

全長9.8m
全幅3.4m
全高2.3m
重量50t
出力1,500馬力
登坂能力tanθ=約60%
旋回性能超信地
速度70km/h (整地)
行動距離350km
主砲44口径120mm滑腔砲×1
副砲12.7mm重機関銃×1、74式車載7.62mm機関銃×1
エンジン水冷2サイクル10気筒ディーゼル機関 2,400rpm
乗員3名
製造三菱重工業(車体) 日本製鋼所(主砲、独ラインメタル?社のライセンス生産)

D

*1:軽量ではあるが性能面で劣るものではなく、正面装甲はAPFSDS(超高速で飛翔する矢型徹甲弾)やHEAT(対戦車榴弾)の直撃にも耐え得るといわれる。耐弾試験においては、APFSDS9発の直撃を受けてなお、走行が可能だったとされる。

*2:50km/hで走行しつつ、3km先の目標に砲弾を命中させることが可能である。

*3:量産効果によりかなりコストダウンしたが、それでも1台7億5000万円程度