スマートフォン用の表示で見る

ADO.NET

コンピュータ

ADO.NET

えーでぃーおーどっとねっと

Microsoftの提供する.NET Framework環境におけるデータベースアクセスオブジェクトの総称。

Windows環境のデータベースアクセスモデルであったADO(ActiveX Data Object)の役割を継承したため、ADO.NETと呼ばれる。

SQL ServerAccessデータベース(OLE DB)、Oracleへのアクセスを行うデータ・プロバイダが標準で用意され、プログラムからはこれらを意識することなく、DataSet, DataTable, DataRow, DataColumn, DataReaderなどのオブジェクトを活用する事でデータベースアクセスを実現する事が出来る。

DataSetオブジェクトによる「非接続型」のデータベース・アクセスを実現し、オンメモリでの高速なデータ処理が可能。ただし、あまりDataSetを過信して多大なデータをアプリケーション側に読み込んでしまうと、パフォーマンス問題を引き起こす場合もある。

Visual Sudio 2005などと同時に提供される.NET Framework 2.0では、ADO.NET 2.0へ拡張され、DataTableへの直接読み込みなど、大幅な拡張が行われている。

  • 「非接続型」のデータベース・アクセス
  • データ・プロバイダによるアクセスモデルの分離
  • XML相互運用
  • .NET Frameworkを利用する各種言語に対する言語独立性

次世代.NET Frameworkに向けた、ADO.NETに変わるLINQ(Language Integrated Query/言語統合クエリ)と呼ばれるデータベースアクセス技術が現在開発中である。

IT用語辞典 e-Words - ADO.NET
http://e-words.jp/w/ADO2ENET.html

@IT Insider.NET - ADO.NET基礎講座
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/basics/adonet_index/index.html

Microsoft MSDN - ADO.NET 入門
http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/sql2000/sql_adonetprimer.asp