アジアチャンピオンズリーグ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

AFCチャンピオンズリーグ

えーえふしーちゃんぴおんずりーぐ

AFC Champions League

アジアサッカー連盟AFC)が主催するサッカー競技大会の名称。

アジア地域のサッカークラブ王者を決定する大会。UEFAチャンピオンズリーグをモデルとしている。

略称は「ACL」。「アジアチャンピオンズリーグ」「アジアCL」とも表記する。

大会概要

アジアクラブチャンピオンシップ」、「アジアカップウイナーズカップ」、「アジアスーパーカップ」の3大会を統合し、名称を「AFCチャンピオンズリーグ」として2003年より開催されている。

2005年より優勝クラブにはFIFAクラブワールドカップ*1への出場権が与えられることとなった。

2009年より大会方式が大幅に変更された。

出場資格

2004年〜2008年

出場資格はアジア内で格上の14ヶ国のクラブに限定(各国2クラブ)。各国のリーグ戦王者とカップ戦王者に出場権が与えられる。日本からは、前年度Jリーグ優勝クラブと前々年度天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブ*2が出場する。

2009年〜2012年

2009年大会以降は、参加クラブ数が29チームから32チームに増え、前回優勝クラブの出場権がなくなった。

ACLでの実績及びリーグ運営の評価が高い国から東西各15チーム、計30チームと、東西各地区のプレーオフ優勝チーム、計2チームの32チームが参加する。

2009年大会の本大会出場枠は、日本、韓国中国イランサウジアラビアから各4チーム、UAEアラブ首長国連邦)から3チーム、オーストラリアウズベキスタンカタールから各2チーム、インドネシアから1チームとなっている。

日本からは、前年度Jリーグ1位〜3位のクラブと前年度天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブが出場する。

2013年〜

AFCは加盟各国に「クラブライセンス制度」の導入を義務付け、日本においては、「Jリーグ1部基準を満たすとしてライセンスを与えられたクラブ(J1ライセンス取得クラブ)」でなければならないこととなった。従って、J1ライセンスを持っていれば、前年度天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブがJ2所属でも出場は可能となっている。

大会方式

2004年〜2008年

4チームずつの7組に分かれてグループステージで争う(東地域3組、西地域4組)。各組1位と前回優勝クラブを合わせた8クラブがノックアウトステージに進出

決勝も含め、全てホーム・アンド・アウェー方式。

2009年〜2010年

4チームずつの8組に分かれて2回戦総当りのグループステージで争う(東地域4組、西地域4組)。各組上位2チームがノックアウトステージに進出。決勝トーナメント1回戦はグループリーグ各組1位チームのホームで開催される。

準々決勝以降は勝ち残った全チームでの組み合わせ抽選を行い対戦相手を決定。準々決勝と準決勝はホーム・アンド・アウェー方式、決勝は中立地での1試合決着となる。

2011年〜2012年

決勝戦は、準々決勝以降の抽選時にあらかじめ指定したトーナメント表の「山」側から決勝に進出したクラブのホームで1試合での決着方式。

2013年

決勝トーナメント1回戦(ベスト16)が東西別にグループリーグ各組1位対別組2位のホーム・アンド・アウェー方式に変更され、決勝戦もホーム・アンド・アウェー方式。

2014年

全試合をホーム・アンド・アウェー方式で実施することに変更ないが、準決勝までが東西地域別で行われ、それぞれの準決勝勝利クラブ同士によって決勝戦を争う方式。

日本代表クラブの成績

*1:2005年はFIFA世界クラブ選手権

*2:2004年まではJ1リーグクラブに限られていたが、優勝クラブがJ2に所属している場合でも出場が認められるようになった。

*3チョンブリFC(タイ)対傑志SC?香港)戦の勝者チョンブリFCと対戦

*4チョンブリFC(タイ)対ヤンゴン・ユナイテッドFC?ミャンマー)戦の勝者チョンブリFCと対戦

AFCチャンピオンズリーグ
目次