アグファ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

サイエンス

AGFA

あぐふあ

ドイツ化学薬品メーカー。アグフア・ゲバルト社のブランド

1867年、ベルリンに染料製造会社として創業。AGFAとは創業当初の社名「アニリン染料製造会社 (Actien Gesellschaft fur Anilin Fabrikation)」の頭文字化学薬品製造、現像薬品製造、フィルム製造など業務を拡大。普及クラスのカメラ製造も手掛けた。

1964年ベルギー、「ゲバルト写真製造社 (Gevaert Photo-Producten N.V.)」と合併しアグフア・ゲバルト[]社となった。

1981年、ドイツの総合化学薬品メーカーバイエル社の子会社となった。

1999年、株式上場して、バイエルグループから離れた。

2004年11月、カメラ部門についてはアグフア・フォト社(Agfa-Photo)に引き継ぐ形で撤退した。アグフア・フォト社は2005年5月27日に独ケルン裁判所破産手続きを申請、企業再建の道を探ることになる。