エフエム北海道 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

音楽

AIR-G’

えあーじー

株式会社エフエム北海道 (英表記:FM HOKKAIDO BROADCASTING Co.,Ltd.)

北海道初の民放FM局。JFN系(東京大阪愛知福岡愛媛に次いで全国で6番目に開局)。

1982年9月15日、北海道新聞社北海道文化放送uhb)が中心となって設立。なお、それに先立つ1978年にuhbが民放FM局の免許を出願しているが、その時には却下されている。

1992年4月6日にはコミュニケーションネームをAIR-G’にする。「G’」は「Gee Great(なんて素敵なんだろう)」の短縮形。

平井堅がブレイクする頃までレギュラー番組を持っていて、年末には生ワイドにもお邪魔していた。

更に深夜放送FM ROCK KIDS」からMr.ChildrenGLAYL’Arc〜en〜Cielら人気バンドを輩出した。

2003年オープンのJRタワーuhbと共同でサテライトスタジオ「えき☆スタ」を開設。

2004年12月まで15〜39歳男女層における聴取率19回連続1位。12〜49歳男女層でも1位。

2005年7月10日にはFMノースウェーブと合同で「FM.W?'05」を開催(2006年も開催予定)。

北海道マラソン」ではラジオ実況を担当する(北海道内ローカル)。マラソンの時間帯に重なる番組(「山下達郎サンデー・ソング・ブック」など)は例外として当日夜に時差ネットされる。

宗谷総合振興局根室振興局管内などには依然として中継局がなく、北海道内でも未だにラジオでの直接聴取が難しい地域が残っている*1が、2011年HBCSTVラジオとともにradikoに参加したことで、中継局から遠くラジオでの直接聴取が困難な地域でも環境が整えば聴取が可能になった。

2014年まで週末の深夜に全国のJFNラジオ局を中心に放送されていた「Heavy Metal Syndicate」は北海道では長らくHBCラジオで放送されていたが、2011年4月からはAIR-G’での放送に移行した。TOKYO FM発の番組については「SPACE DiVA」などで視聴可能。

基幹送信所

札幌市西区平和(手稲山

中継局

76.4MHz
旭川
78.5MHz
帯広
79.2MHz
札幌大通(テレビ塔)
81.9MHz
小樽手宮公園)
83.1MHz
網走
86.4MHz
釧路
86.5MHz
洞爺
87.8MHz
北見
88.8MHz
函館函館山
89.4MHz
室蘭測量山

設立

開局

主な番組

*1:これは後発のFMノースウェーブも同様。