スマートフォン用の表示で見る

AISCEAS

社会

AISCEAS

あいしーず

no title

インターネット時代にはこのアイシーズ法則がよく当てはまる。価格ドットコムなどを使われている人は納得でしょう。

Attention(注目)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Comparison(比較) → Examination(検討)→ Action(行動)→ Share(共有) となり、消費者行動プロセスをより的確に説明できるとしています。