AKB商法

社会

AKB商法

えーけーびーしょうほう

アイドルユニットAKB48特有のオマケ商法を揶揄した言葉。

ひとつの商品に異なる特典を用意したり、特典をランダムに封入したり、複数購入をイベント参加の条件とするなど、ファンに商品を大量に購入するように煽る商法のこと。

こうしたキャンペーンは、他の商品ブランドでも行われているが、AKB48の場合特に顕著であり、一部で独占禁止法景品表示法に抵触するのではとの指摘もある。

オークションなどで特典が高騰する一方で、CDなど商品そのものが暴落するなどの弊害もある。

最新(2011年5月24日時点)のAKB商法は、TBS「さしこのくせに」の番組存続のために携帯サイトを使って1票50円(月額315円)で3万票を集めるという企画。

実例

総選挙(人気投票)の投票券つきCDを5500枚(855万)買ったファン

第三回AKB選抜総選挙の投票券付きシングル「Everyday、カチューシャ」をひとりで5500枚購入したファンが現れ、ネットで話題となった。彼は大島優子のファンとのこと。

【特典生写真付き】Everyday、カチューシャ(Type-A)(通常盤)

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

桜の花びらたち2008」シングル44枚売り

AKB48劇場シングル「桜の花びらたち2008」購入者特別プレゼント!

44枚完全コンプリートされた方は、AKB48春の祭典」にご招待致します。

http://ameblo.jp/akihabara48/entry-10075346906.html

桜の栞」シングル/2010.3.13撮影会特典

東京ビックサイトで1日12時間を87名の時間帯交代制で

ツーショット撮影会を計3日間開催

f:id:mirror3:20100217235808j:image


目次
  • AKB商法とは
  • 実例
    • 総選挙(人気投票)の投票券つきCDを5500枚(855万)買っ..
    • 「桜の花びらたち2008」シングル44枚売り
    • 「桜の栞」シングル/2010.3.13撮影会特典
  • 関連キーワード