スマートフォン用の表示で見る

APG植物分類体系

動植物

APG植物分類体系

えーぴーじーしょくぶつぶんるいた

被子植物の分類体系のひとつ。従来は、花や葉を基にして、類縁関係を基にしたマクロ形態的な分類体系が採用されてきたが、単純な構造を持つ花から複雑な構造の花が進化したとして、植物を系統的に分類したもので、直感的に分かり易い方法であった。

これに対して、APG植物分類体系はミクロなゲノム解析から実証的に分類体系を構築するものであり、根本的に異なる分類手法である。1990年代から盛んになった。

なお、APG(Angiosperm Phylogeny Group: 被子植物系統発生グループ)とは、この分類を実行する植物学者の団体名である。