ATTESA E-TS

一般

ATTESA E-TS

あてーさいーてぃーえす

日産自動車が開発した電子制御トルクスプリット4WDシステムの名称。

ATTESA E-TSは「dvanced otal raction ngineering ystem for ll lectronic - orque plit」の略。


BNR32スカイラインGT-Rに搭載されて以来、現在でもR35GT-Rスカイラインフーガステージアシーマといったスポーツタイプのエンジン縦置き4WDモデルに採用されているFRレイアウト4WDシステム。

通常は後輪駆動(前:後=0:100)であり、必要に応じて(後輪がスリップする、前輪のトラクション不足など)湿式油圧(現行車両では電子制御)多板クラッチを用いたトランスファーの押し付け圧力を変える事により前輪に最適なトルク(最大50:50まで)を無段階で伝達する方式の4WDシステム。

前後4輪の車輪速度センサーや横Gセンサーや縦Gセンサー、及びステアリング蛇角センサーやABSとの総合制御を用い、作動タイミングをきめ細かくコントロールする事を可能としている。


これらの機能により、4WDながらFR的なコントロールを可能とし、スポーツ走行時における4輪のフル活用に貢献している。

更に、BCNR33型及びBNR34スカイラインGT-Rの一部スペック(Vスペック)においては、それらに加え多板クラッチ電子制御式リアLSDを組み合わせた「ATTESA E-TS PRO」を用いて、前後だけでなく後輪左右のトルク配分をも可能としている。


関連キーワードスカイラインフーガステージアシーマGT-R日産4WDBNR32BCNR33BNR34R35