一般

AZ-1

えーぜっとわん

1992年にマツダ(東洋自動車工業)が発売した、2シーターミッドシップ機構採用の軽自動車

軽自動車では非常に珍しい、左右のドアのガルウイング機構が特徴である。

スズキから出ていた「CARA」(キャラ)は、このクルマのOEMである。*1

*1AZ-1と、ホンダビート・スズキカプチーノとあわせて「ABC」と呼ばれている。