Bメロ

音楽

Bメロ

びーめろ

音楽形式で、1コーラス単位での中盤に当たるパートで、Aメロからメロディが変化することが多い。1980年代から急激に多くなった。

J-POPで、サビへのつなぎとして重要な役割を持っている。

2番終了後では、Cメロやサビ歌詞のくり返しと共に大サビの重要な構成要素となることが多い。この場合、1番あるいは2番のBメロの歌詞のくり返しになることが多いが、新規の歌詞になっている場合があり、この場合3番の歌詞と見なされることが多い。

(頭サビ→)Aメロ→サビ形式による昭和歌謡ニューミュージックにおいて、2番終了後にBメロが新規パートとして追加されることがある(例:『夢で逢えたら』)。