B747SR

一般

B747SR

ぼーいんぐななよんななえすあーる

ボーイングB747シリーズの1つ。

SRはShort Rangeの略でその名のとおり短距離飛行に特化しているのが特徴。

具体的には日本の短距離かつ高需要にこたえるためにできた短距離専用機体でギア(いわゆる車輪)が特に強化されている。

因みに、短距離かつ高需要の路線は日本以外になく日本以外には売れなかった、まさに日本専用機。

しかし、次第にB747-400DB777に活躍の場を譲るようになり、2006年3月10日を以て遂にANAB747SR-81が全機退役する。

なお、B747SRの亜種とも言うべきJALB747-146/SUD*1は、2009年度まで日本の空を飛び続ける予定。

*1B747-300を参照。