BABY-Q

アート

BABY-Q

べいびーきゅう

2000年、東野祥子を中心として結成されたダンス・パフォーマンスグループ。

身体から織り成される感情の起伏や衝動、個々の人間の本質をダンスの根底に置き、

ダークかつカッティングエッジ電子音響と機械仕掛けの硬質な美術、

様々なモチーフの交錯する舞台を創りだす。


2004年

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2004》にて『ALARM!』を上演、

【次代を担う振付家賞】を受賞。


2005年

横浜ソロ×デュオ<Comp?tition>+》にて『Zero hour』を上演、

群舞部門【未来へ羽ばたく横浜賞】を受賞。


《演劇計画2005》にて『ERROR CORD /// pcsh404slhq』を上演、

京都芸術センター舞台芸術賞 佳作】を受賞。