BeMAX’S

音楽

BeMAX’S

びーまっくす

通信カラオケの機種。

現在はBMB BeMAX’S、Super BeMAX’S/V-BeMAX’Sなどがある。


BeMAX’Sの特徴

初期のBeMAX’S

BeMAX’Sは元々パイオニアがハード製作をして、

旧JHC、東映ビデオ、旧日光堂(現BMB)の3社がそれぞれ独自に発売していた。

そのためソフトに互換性はなく、選曲も統一されていなかった。

東映BeMAX’S

アニメ映像が流れる曲もあった。

Super BeMAX’S

「フリカラ」が楽しめるのが特徴。

旧JHCと東映ビデオが提携して1998年に発売された。

ハード製作は従来どおりパイオニアによるもの。

2002年にコストパフォーマンスを重視したV-BeMAX’Sという機種も発売している。


一方、旧日光堂は参入せず独自にneonを発売した。

BeMAX’Sのその後

旧JHCは事実上倒産したため、カラオケ事業の部門がパイオニアに吸収されて

パイオニアビーマックスエンタテインメントとなった後、現BMBに吸収されている。

また、東映ビデオもBeMAX’Sシリーズを全て現BMBに譲受した。


現在はBMBがBeMAX’S事業のほとんどを引き受けているが、

「BMB BeMAX’S」と「Super BeMAX’S/V-BeMAX’S」の選曲には互換性がない。

目次