スマートフォン用の表示で見る

C++/CLI

コンピュータ

C++/CLI

しーぷらすぷらすしーえるあい

プログラミング言語のひとつ。

.NET Frameworkの共通言語基盤 (CLI)上で実行するプログラムを作るための、C++を拡張したプログラミング言語である。C++とは上位互換である。Visual C++ 2005以降のコンパイラで利用できる。

C++ではコンパイルするとネイティブコードが出力されるが、C++/CLIでは共通中間言語 (CIL?) にコンパイルされる。CやC++で書かれたネイティブのコードと、C#VB.NETなどの他の.NET Frameworkの言語との橋渡しをするためによく利用される。C++/CLIをメインに開発する例はあまりないと思われる。

C++/CLI以前にはMicrosoftの独自拡張としてManaged C++?と呼ばれていたが、C++/CLIではC++とは独立したひとつの言語となった。Managed C++?に比べ単純でわかりやすい構文になり、可読性も向上した。またジェネリクスなどの.NET Frameworkの新機能をサポートするようになった。

ECMA 372として標準化されている。