C-130

一般

C-130

しーひゃくさんじゅう

C-130 Hercules

C-130 ハーキュリーズ


世界で最も使用されている輸送機で、4発ターボプロップ

アメリカロッキード社(現ロッキード・マーティン社)が開発。

1954年8月23日に初飛行し、すでに半世紀以上が経っているが、いまだ現役で活躍している。

その理由として

  • 高翼型式の主翼、太い胴体、後部のランプ兼用貨物扉、貨物の搭載が容易
  • 不整地でも離発着可能な力強い主脚
  • 短い距離での離発着が可能(離:約1500m/着:約800m)

などの理由があげられる。まさに輸送機の手本とも言える機体である。

全世界60ヶ国に約2,300機がセールスされているが、1996年にC-130自体の生産は打ち切られており、現在では、C-130JハーキュリーズIIへ生産体制が移行している。

多岐にわたる派生型(70種以上)が存在する。