スマートフォン用の表示で見る

CAMUI

NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC*1)が開発中のハイブリッドロケット北海道大学大学院の永田晴紀教授がプロジェクトリーダーとなって開発が進められている。

推進剤として、プラスチックなどの固体燃料と液体酸化剤を使うのが特徴。推進剤に火薬や液体燃料を使わないため安全であるほか、機体を再利用できることとあわせ、打ち上げコストが従来の小型ロケットよりも大幅に下がるとしている。

CAMUI」はCAscaded MUltistage Impinging-jet(縦列多段衝突噴流式)の略。また「カムイ」はアイヌ語で「神」の意味。