スマートフォン用の表示で見る

CLIE

PalmOSを搭載したSonyPDAクリエ

Communication Linkage for Information & Entertainmentの頭文字を取って名づけられた造語

PalmOSを搭載したPDAの中でもオーディオビジュアル面を特化しエンターテイメント性に優れたことで知られる。

本家Palm社よりも早くPalmOS 5を導入したり、ハイレゾ・ワイドハイレゾという概念の定着を実現したり、CLIEのために独自のCPUを開発するなどSony自体も積極的であったと言えるだろう。


その完成度と人気から本家PalmVisor日本市場から撤退させ、唯一の日本語版PalmOS搭載PDAシリーズとなったが、2005年7月をもってソニーCLIEの生産を終了。結果的には、SONYは日本からPalmOSを搭載したPDAを滅ぼした形となった。

沿革は「Palm」を参照。

機種名一覧

続きを読む