CMOSセンサー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

コンピュータ

CMOSイメージセンサ

しーもすいめーじせんさ

デジタルカメラなどで用いられる相補型金属酸化半導体CMOS)を使った受像素子

CMOSイメージセンサ は CCD の約 1/10 〜 1/5 程度の消費電力で駆動し、比較的安価に製造できるが、CCD に比べてノイズが多く十分な感度を得る事が難しいという欠点がある。

そのため主に携帯電話トイカメラで使用されてきたが、Canon が CMOSセンサー の回路を大幅に改良*1し、画像処理エンジンの DIGIC と併せて高画質を実現している。


リスト::写真用語

*1:例えば、もともと CMOSセンサー は 1画素ごと増幅アンプを設置できる為細かいゲインアップ調整を行なう事ができる。