スマートフォン用の表示で見る

CUBE JUICE

音楽

CUBE JUICE

きゅーぶじゅーす

CUBE JUICE(ひとり)

1975.1.22生まれ

宅録

1999年、一人宅録ベースでの音楽活動を本格的に開始。同年にV.A.「rabid chords co. vol.1」へ参

加。その後、2枚同時リリースのミニアルバム「DEMO TRACKS1、2」、シングル

「SUNSUNSHINE」を発表。その後も精力的に楽曲制作を行い、それまでギター主体であった音楽性

は陰を潜め、徐々にエレクトロ・ミュージックへシフトチェンジしていく。そして2002年4月、ビク

ターよりシングル「HEAD LONG」でデビュー、同年7月には2ndシングル「EXPLOSION」を発表す

る。デビュー以降のCDアートワークPVはISHIURA氏(tgb) が手がけ、PVは同年のresfestにて上

映され、各国で5つの映像アワードを受賞する。2003年には初のフルアルバム「In The Eye Of A

Wili-Wili」を発表し、remixerとしてnumb(Rebirth/Hoon)が参加。さらに同年11月、kj(Dragon

ash)やStereolabPlaidといったremixer陣を迎えた2ndアルバム「III」、そしてCUBE JUICE初の映

像作品となるDVDCUBE WORLD」を同時リリース。その後も日々楽曲制作に明け暮れる一方で、

平行してコンピレーションアルバムへの参加や外部アーティストへの楽曲提供等も積極的に行う。