CZ4A

一般

CZ4A

しーぜっとよんえー

三菱ランサーエボリューションXの車輌形式。

先代(CT9A)より6年振りのフルモデルチェンジとなる4代目ランサーエボリューション


最大の特徴としては、以下の新機構が挙げられる:

  1. 長きに渡って搭載されていた4G63エンジンから新設計の4B11エンジンにバトンタッチ
  2. 国産車としては初めてのデュアルクラッチトランスミッションである「ツインクラッチSST」の搭載
  3. 従来の電子制御機構を更に進化させた「S-AWCシステム」の搭載

また、長年のライバルであり、更にラリーに特化させるべしく5ドアハッチバックスタイルを採用した三代目スバルインプレッサ(GRB型)とも袂を分かつかの如く、従来のラリーカー路線から大人のGTマシン的なイメージチェンジが計られているのも特徴の一つである


2015年4月、三菱自動車からCZ4A型の最終モデルである「ランサーエボリューション ファイナルエディション」を1000台限定で8月に発売されるとアナウンスされ、この最終限定モデルを以って生産終了。

後継車種は発表されず、この十代目を以ってランサーエボリューションの23年の歴史は幕を閉じた。


主要諸元は以下の通り(GSRモデル):

車名・型式:三菱CBA-CZ4A

駆動方式:4WD

トランスミッションツインクラッチSST・5MT

全長:4495mm

全幅:1810mm

全高 1480mm

ホイールベース:2650mm

トレッド前:1545mm

トレッド後:1545mm

最低地上高:135mm


乗車定員:5名

最小回転半径:5.9m

10・15モード燃料消費率:10km/L


エンジン型式 :4B11 MIVECインタークーラーターボ

弁機構・気筒数:DOHC 16バルブ・直列4気筒

内径×行程:86mm×85mm

総排気量:1998cc

圧縮比:9.0

最高出力(PS/rpm) :280/6500

最大トルク(kg・m/rpm)43.0/3500

燃料供給装置:ECI-MULTI(電子制御燃料噴射)

使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

タンク容量:55L


変速機形式:6速ツインクラッチSST(5速MT

変速比

1速:3.655(2.857)

2速:2.368(1.950)

3速:1.754(1.444)

4速:1.322(1.096)

5速:1.008(0.761)

6速:0.775(  −  )

後退:4.011(2.892)

最終減速比:4.062(4.687)


ステアリング形式:ラック&ピニオン(パワーステアリング

サスペンション形式

前:マクファーソンストラット式

後:マルチリンク式


ブレーキ形式

前:ベンチレーテッドディスク

後:ベンチレーテッドディスク

タイヤ:245/40R18 93Y


関連キーワードランサーエボリューションS-AWCツインクラッチSSTASCAYCACDスポーツABS4G634B11