スマートフォン用の表示で見る

Civilization

ゲーム

Civilization

しびらいぜーしょん

英語:シビリゼーション:文明

麻薬的世界史シミュレーションゲーム。シド・マイヤー作。

破壊的な面白さ。中毒危険。

ユーザーは(実在する、もしくはした)文明のリーダーとなり、土地を開墾して町を作ったり、技術を発展させて文化的施設を建設したり軍事ユニットを作って他の文明と戦争をしたりして自分の文明を発達させていく。

当然、世界に存在する文明は一つではないため、(他の文明を操作する)CPUや他のユーザーと競い合ったり平和裏に共存したりあるときは軍事力で滅ぼしたり滅ぼされたりする。

開発できる技術は複雑に組み合わさっており、より高度な技術をいかに他の文明に先がけて取得するかを考えるのが主な楽しみの一つ。最初はアルファベット・筆記から最後は惑星移民船まで、実際の歴史に基づいた技術が取り込まれている。

Civilization II

Civilization II(シヴィライゼーションII)は伝説的ゲームであり、多くの派生バージョンや追加シナリオが作られた。

サイバーフロントからPCゲームBEST プラチナセレクションと銘打ち、WindowsXPに対応したCivilization IIシリーズが2004/11/05に発売された。

Civilization III

2001/10/30、日本語版は2002/4/5に発売。

文明ごとに「志向」と「ユニークユニット」という要素が加えられ、それぞれがゲーム的な個性を持つようになった。また、「文化」により戦争を行わずに他国の都市や土地を奪うことが可能になった。

追加パッケージ第一弾Play the Worldが2002/10/30(日本語版2003/3/28)に、追加パッケージ第二弾Conquestsが2003/11/4(日本語版2004/4/2)に発売された。

現在CivilizationIIIとこの二つの追加パッケージを合わせたCivilization 3 Complete(英語版)が販売中。日本語版はサイバーフロントより「シヴィライゼーション 3 コンプリート 完全日本語版」として販売中。

Civilization IV

2005/10/25発売。日本語版はサイバーフロントhttp://www.cyberfront.co.jp/により2006/6/17発売。

グラフィックが一新され、3D表示となった。このほかにも資源の強調表示などインターフェース周りは大幅に改善されている。

ゲーム内容としては「宗教」の概念が取り入れられた。同じ宗教を国教とする国同士は仲良くなり違う場合は険悪になる、と外交に大きな影響を与える。

また、Civ3で登場した軍事・科学リーダーを改良した「偉人」システムが追加。ほとんど運に頼っていた前作と違い計画的に偉人を登場させることが出来るようになった。偉人がゲームに大きな影響を及ぼすのは前作と同じである。

Civilization Revolution

日本語版はサイバーフロントhttp://www.cyberfront.co.jp/title/civ_revo/により

PlayStation3, Xbox 360が2008年12月25日に、NintendoDS版が2009年1月29日に発売。インターネット対戦を重視し、短時間で終わるよう簡略化された。

Civilization
目次