Coppermine

コンピュータ

Coppermine

かっぱーまいん

銅山、Intel社のPentium IIIの第二世代。

0.18マイクロメートルプロセスで製造され、二次キャッシュがコア内に内蔵されている。

二次キャッシュをコアに内蔵したのはPentium PRO以来。

同時期に登場したAMD社のAthlonや0.25マイクロメートルプロセス版のPentium IIIと比較のためにマスメディアがこの開発コードを用いることがあったため、この名前が比較的有名なものとなった。

2ちゃんねるでは「河童」と呼ばれている。

また二次キャッシュをコアに内蔵したためカートリッジ形式のSECCをとる必要がなく、Pentium IIIでは最初にSocket 370に対応した。

パッケージ形態はFC-PGA。これはCPUコアが表面に剥き出しになるためCPUクーラーを取り付ける際にコア欠けを起こすことがある。

旧来のシステムのアップグレード用にSlot 1用のPentium IIIも存在する。こちらはSECC2と呼ばれるSECCを簡素化したパッケージになっている。