スマートフォン用の表示で見る

Core Solo

2006年1月にインテルから発表されたノートパソコン向けのCPUで、開発コードネームは「Yonah-SC(Yonah-1P)」。Pentium M(Dothan)の後継。

製造プロセスは65nmで、FSB667MHz(通常電圧版)または533MHz(超低電圧版)、2次キャッシュが2MB、SSE3サポート、Intel Virtualization Technology(VT)*1などの機能を備える。

プロセッサーナンバーは通常電圧版がT1x00、超低電圧版がU1x00。

対応チップセットはi945PM/i945GM/i945GT。


IntelのノートPC向けプラットフォームブランド「Centrino」を構成するCPUである。

*1:超低電圧版のみ