スマートフォン用の表示で見る

Cyrix

コンピュータ

Cyrix

さいりっくす

 TIからスピンアウトしたエンジニアによって創設されたファブレスx86互換プロセッサベンダ

1992年、i386ピンコンパチでありながらi486SX命令及び1KBのキャッシュメモリを備えたCx486SLC/DLCで日本のユーザーから注目を浴びる。

その後Cx486DRx2/486S/5x86/6x86などのプロセッサをリリースするも一定以上シェアを伸ばすには至らず、1997年にNational Semiconductor社に吸収合併された。更に1999年、PC向け単体CPUに見切りをつけたNational Semiconductor社は、Cyrix(MediaGX系コアの知的所有権以外)をVIAへ売却。

2000年以降、VIAからCyrix IIIなどのプロセッサがリリースされたが、それらはVIAがIDTから買収したCentaur Technologiesが開発したもので、Cyrixの系譜は途絶えている。