Dアクション

サイエンス

Dアクション

でぃーあくしょん

予防医療観点から、医師が血清値を定期的に検査しながら、ビタミンDD3)とカルシウムサプリメントを患者に処方するプログラム

現代人は紫外線を避けるため日光に当たるのを避けたり、地下通路など日の当たらない場所が増えたりしていることから、日光浴で生成されるビタミンDが少なく、食品に含まれるビタミンDも毎日摂取できるようなものが少ないため、現代人はビタミンDが不足する傾向にある。ビタミンDカルシウムサプリメントの摂取により、血中の値を適正に保つことで、乳がんは80%以上、大腸がんは50%以上が予防可能なことが報告されている。