DFP

一般

DFP

でぃーえふぴー

デジタル信号で、パソコン・ディスプレイ間を接続する規格の1つ

主に液晶ディスプレイの接続に使用されている。

現在ではDVIが、後継として使われている場合が多いようである。

DVIとは電気的・信号的には一部互換性があり、

変換コネクタを利用する事により相互に接続可能な場合がある。

COMPAQNEC等のパソコンで採用されていた。

採用され始めた初期には、メーカーによりコネクタの形状が統一されておらず

混乱を招いた経緯があるが、後に20pinのものに統一されたようである。