DPR

サイエンス

DPR

でぃーぴーあーる

二周波降水レーダ(Dual-frequency Precipitation Radar)の略称

Ku帯(13.6GHz)降水レーダ(KuPR)とKa帯(35.5GHz)降水レーダKaPRという2台のレーダで構成される。

高感度化を目的としたKaPRでは、KuPRでは測れない弱い雨や雪の検出に有効であり、強い雨の検出が可能なKuPRと同時に観測することによって、熱帯の強い雨から高緯度の弱い降雪までの降水量を高精度で観測することが可能になる。

KuPRとKaPRのレーダビームの位置や送信パルスタイミングを一致させ、同じ場所の降水粒子を二周波で同時に観測することによって、その降雨減衰量の差から雨粒の大きさ(雨滴粒径分布)を推定することが出来る。

D