キラキラネーム からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

DQNネーム

どきゅんねーむ

万葉仮名の読みを無視した無理読みな名前や欧米人の名前を当て字して命名された名前など様々である。

暴走万葉仮名」とも呼ばれている。名づけ親本人は「キラキラネーム」と呼んでいる。

暴走万葉仮名

DQNネームのせいで就職できないとの報告もある。DQNネームの弊害を目の当たりにした! : ヴィブロ

関連:「DQN

具体例

絆星(きら)・来桜(らら)・飛緯朗(ひいろう)・虹(しぇる)・天響(てぃな)・△□一(みよいち)・恋恋愛(れんれこ)

読み

  • 響き優先
    • れんと(蓮斗)、みう(美羽)、みゆ(美優)、あいり(愛莉)、ひな(陽菜)、ここあ(心愛)など。
  • 「シュ」「ジュ」以外の拗音で終わる
  • 外来拗音を使用する(シェ、チェ、ティ、トゥ、ファ、フィ、フェ、フォなど)
  • 小文字のア行を使用する
    • 「ゆぅか」など。
  • 長音符を使用する
    • 「るーあ」など。
  • 音節以上の音訓のぶった切り
    • 「愛」=あ、「彩、桜」=さ、「虎」=と など。
  • 音節の音訓を強引に長音化
    • 里=りい
  • ある音訓の末の1音節と同じ音の漢字を当てる
    • 桜→「桜羅」、湊→「湊斗」など。
  • パ行で始まる、またパ行へのこだわりがある
    • 「ぱにゅ」「びゅぺ」など
  • 同一のラ行が連続する、またラ行へのこだわりがある
    • 「るる」「りりあ」「りおん」など
    • ただし、蘭(アララギ)は古来の言葉に存在するため例外。
  • 擬音
    • きらら」「ふわり」「ひらり」
  • アで終わる
  • 悪い意味
    • 「ゆな、まら、ほと」など。
  • 熟字訓を強引に分解する
  • 外来語の発音を当てる
    • 月(らいと)、ラッキー星(らっきーすたー)など。
  • 黙字(置き字)
    • 「青空、蒼空」を「そら」と読むなど。
  • 音を「のん」と読む
    • 花音(かのん)など。
    • 許されるのは「観音」のみ。
  • ひらがな、カタカナにまで当て読みする
    • 打ち止め(らすとおーだー)など。

書き

  • 漢字に悪い意味がある
    • 汰(沙汰、淘汰など、流される)
    • 伽(夜遊び、男女のからみ)
    • 未(いまだ、〜せず)
    • 曖(暗い)
    • さらに優→憂、太→汰のように代用字にする。
  • ある熟語に使われているだけで単漢字にその意味を持ってくる
    • 北斗七星」の意味で「斗」
    • 「未来」の意味で「未」
    • 菜の花」の意味で「菜」
    • 「宇宙」の意味で「宇」
  • 熟語に他の読みが存在する(熟語に気を使わない)
    • 心太(ところてん)、海月(くらげ)、海星(ヒトデ)
  • DQNネーマーが好んで使う漢字
    • 斗、徠、琉、翔、輝、煌、惺、姫、蒼、碧
  • 踊り字のルールを無視している(同一発音が連続しない)
    • 蓮々(れんと)など。

DQNネーマーの思考

  • 「○男」「○一」「○造」「○子」は古臭くてダサイと思っている。
  • 読まれたり、他の子と被ったら負けだと思っている。
  • 「星」や「心」や「月」を含む漢字はいい意味だと思っている。
    • 「腥」の意味が「腥い」の意味だと知ったらショックを受ける。
  • いまだ使えない漢字があり憤慨している
    • 「燐」など。