DRM

コンピュータ

DRM

でぃーあーるえむ

Digital Rights Management*1とは、楽曲や画像ファイルなどのコンテンツの不正コピーへの対抗策の総称。


コピーの回数を制限する機能を再生ソフト等に組み込むのが一般的。

第三者が新たに再生ソフトを実装してしまうと、それは回数制限などを必ずしも行わないので、この枠組は崩壊してしまう。使用許諾契約などによってそれを禁止するのが普通。

楽曲ファイル

インターネットで配信されている楽曲ファイルでは、このDRM技術をつかって暗号化し、デバイスソフトウェア間で自由にコピーできなくしている。

しかし、2012年10月に施行される改正著作権法がきっかけで、音楽各社は楽曲ファイルのコピー制限を撤廃する。

no title

コピー制限を外すことで違法アップロードの増加に繋がるという懸念があるが、インターネット上で購入された楽曲にはユーザーのIDが組み込まれるため抑止力になる。

*1:(デジタル著作権管理。Digital Restrictions Managementとも)