スマートフォン用の表示で見る

DTCP-IP

一般

DTCP-IP

でぃーてぃーしーぴーあいぴー

DLNA上で著作権保護コンテンツを暗号化して送信するための規格。IEEE1394用のDTCPが元になっている。

2005年9月29日、ARIBデジタル放送の出力をDTCP-IPを通して転送することに承認した。それまではIPネットワークが家庭内に留まらずインターネット無線LANでもDTCP-IP利用される可能性があるとして承認してこなかった。デジタル放送に使用するには、同一サブネットに限定、クライアント数は最大8個までという制限がつく。

ムーブまで対応した機器はまだ少なく、未対応機器ではデジタル放送を転送できない。