スマートフォン用の表示で見る

Dead or Alive 5

ゲーム

DEAD OR ALIVE 5

でっどおああらいぶふぁいぶ

コーエーテクモゲームスより2012年9月27日に発売されたPlayStation 3/Xbox 360用3D対戦格闘ゲーム。開発はTeam NINJA略称DOA5」。

DEAD OR ALIVE」シリーズのナンバリングタイトルとして第5作目。前作『DEAD OR ALIVE 4』のDOATEC崩壊から2年後の物語を描く。セガの「バーチャファイター」シリーズのキャラクターが参戦する。


2013年3月20日、PlayStation Vita版の『DEAD OR ALIVE 5 PLUS』が発売された。PS3版とPS Vita版のクロスプラットフォームで、オンライン対戦やセーブデータの共有が可能。一人称視点でタッチパネルを使って操作するタッチバトルモードやチュートリアルモードなどの新要素が追加されているが、一部機能が削除されてしまっている。

2013年9月5日には、PlayStation 3/Xbox 360で完全版となる『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』が発売。PS Vita版「DOA5 PLUS」の新要素に加え、新キャラクター、新システムが追加されている。なお、「DOA5 Ultimate」は、「DOA5無印)」「DOA5 PLUS」とのオンライン対戦はできない。

また、PS3版『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』の基本無料版もPlayStation Storeで配信される。4キャラクターが当初から使用可能で、ストーリーモードを除く全てのモードを選択できる。ストーリーモードや他のキャラクターを使用するには課金が必要になる。

さらに、「DEAD OR ALIVE」シリーズとして13年ぶりとなるアーケードゲーム、『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』が2013年12月24日より稼動開始。仕様システム基板はRINGEDGE2(ALL.Net P-ras MULTI Ver.2、Aimeカード対応)。


2015年2月19日には、『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』がPlayStation 4/PlayStation 3/Xbox One/Xbox 360/Steamマルチプラットフォームで発売。Xbox 360/Steamダウンロード版のみ。

新キャラクターや新ステージなどの追加要素があるほか、PS4/Xbox One版は人肌の柔らかさを表現した「やわらかエンジン」を搭載するなどグラフィックスが強化されている。

PS3/Xbox 360版『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』を所有していれば、無料配信されるパッチ、タイトルアップデートにより『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』にアップグレードできる。フルプライスの製品版のほか、PS4版には基本無料版、Xbox One版にはCore Fighters版が用意される。基本無料版/Core Fighters版は、使用可能キャラクター数やコスチューム数に制限があり、他のキャラクターを使用するには別途購入する必要がある。また、ストーリーモードも、開放権を購入することで遊べるようになる。