スマートフォン用の表示で見る

Dungeon Crawl Stone Soup

ゲーム

Dungeon Crawl Stone Soup

だんじょんくろうるすとーんすーぷ

ローグ系(roguelike)RPGの一つであるDungeon Crawlのヴァリアント(派生作品)。略称はDCSS。

日本語版としてはDCSS version 0.16ベースのものが2016年4月に公開されている。

英語版本家であるLinley's Dungeon Crawlの開発がストップした後有志の手によって作られ、開発が続けられている。公式サイトからリリースされたものの他、開発途中のバージョンで遊ぶプレイヤーも多い模様。

公式オンラインサーバによるオンラインプレイ、チャット付き観戦プレイも実装されている。

本家と比べた場合の主な変更点としては

・圧倒的に有用な能力・ギミックの弱体化、他と比べると大きく劣る能力・ギミックの底上げ

信仰できる神を新しく追加、既存の神から授けられる能力の変更

・ランダムで新しい分岐や、アイテムを売っている店舗が複数出現するバザー、または既存の分岐を短くしたようなダンジョンへのポータル(入り口)が出現するようになった。既存の分岐の固定地形もランダムで新地形に

・新モンスター、新神、新ユニークの追加

・既存の種族であるエルフドワーフ見直し、新種族を追加

・本家日本語版にて板倉氏(id:ita)及びDenzi氏(id:Denzi)の協力によって開発されたタイル版の更なる発展、低解像度への対応

などが挙げられる。