スマートフォン用の表示で見る

E.T.A.ホフマン

読書

E.T.A.ホフマン

いーてぃーえーほふまん

ドイツ、1776〜1822。アーネスト・テオドア・アマデウスホフマン

『砂男』や『黄金の壺』、『廃屋』、『蚤の親方』、『牡猫ムルの人生観』など、幻想小説を多く書いた。

ドストエフスキーなどは心酔者であったし、カフカなどにも大いなる影響を与えた。

夏目漱石の『吾輩は猫である』は『(カーテル・)ムル』を模したものとも言われている。