ED79

一般

ED79

いーでーななきゅう

青函トンネルで客車列車および貨物列車を牽引すべく、ED75形700番台を種車として改造された交流電気機関車。改造時期は1986年-1987年青函トンネル対応として、側面フィルタの不燃化やATC-Lの搭載などが行われている。歯車比は高速運転対応のため4.44から3.83に下げられた。機関車では珍しく回生ブレーキも備えている。

基本番台と100番台がある。100番台は補機専用として改造されたため、単機で走ることはできない。後に、貨物列車の増発に対応するため50番台が1989年-1990年に新製された。

貨物列車では、基本番台と100番台、または50番台2両が重連を組み、五稜郭-青森(信)を走る。

旅客列車では、基本番台が単機で函館-青森を走る。2002年12月改正で快速「海峡」が種別格上げおよび電車化されたため、充当できる列車が激減してしまった。現在は定期では夜行列車のみを牽引している。