EGWord

コンピュータ

EGWORD

いーじーわーど

エルゴソフト(コーエーグループ傘下)が開発・発売している、日本語ワープロソフト

マイクロソフトのWordと違い、シンプルで軽快な動作が特徴。

現在の最新版はegword UniversalがVer.1.0.1、EGWORDがVer.14.0.3、EGWORD PureがVer.9.0.3。


原稿用紙やシナリオ台本風の画面で編集できたり、DTPワークフローのサポート機能や地図作成機能、Appleプレゼンテーションソフト「Keynote」書類への書き出し、Unicode固有の文字をサポートするなど他のワープロソフトにはない機能を数多く有する。*1

EGWORD PureはEGWORDの機能のうち、作図や文書保護などの機能を省いた廉価版。


2006年7月28日にegword Universalが発売され、廉価版のEGWORD Pureは販売を終了し、egword Universalに統合。翌2007年3月29日にegword Universal2とegbridgeを含まないegword Universal2 soloがリリースされた。

*1egword Universalはcocoaになってから、一部の機能が削除されている