スマートフォン用の表示で見る

EP-4

音楽

EP-4

いーぴーふぉー

佐藤薫を中心とする京都発の80年代初頭のテクノ(?)・バンド的表現集団。 バンド自体は京都にあったディスコ「クラブ・モダーン」の常連客により結成される。

EP-4は、1980年6月、京都ディスコ「クラブ・モダーン」の常連だった人々によって結成された、ファンクバンドである。

「汗をかかないファンク」「クールなファンク」、当時はその様に称される事が多かった。と、いうのもリーダーであった佐藤薫のヴォーカルスタイルが、余りにも特異であったからだ。

肉声を用いず、数限りないエフェクターを駆使し、極限まで圧縮加工されたものであったのだ。

それは、YMO,Kraftwerkなどが愛用した「ヴォコーダー」と呼ばれる装置とは又違い、非常にエモーショナルな感があった。

「何か主張したい、何か伝えたい」という想いをエフェクトでマスクしてしまう、そんな印象さえ受ける。

さて、彼らは81年京都におけるギグ「アーバン・シンクロニティ」で高い評価を得て、その後の82年5月京都大阪、6月には東京にて「エマージェンシー・ランディング」ツアーを敢行する。この辺りから全国のニューウェーブファンの、口の端に上りだして来た様に思う。

そして、その年のクリスマスパルコ・モダーンコレクション」に出演。

しかしこの時は、キーボードバナナ氏とのユニットで(unit-3)登場。ノイジーなサウンドを聴かせる事に終始した。

明くる83年3月、ラフォーレミュージアムで「SCANNING POOL」と銘打たれたイベントに参加。この時の出場メンバーが秀逸なので、歴史的にも記する事にする(特に14日)。

11日 テストパターン、立花ハジメ

12日 ヒカシューヴァージンVS

13日 day グリムスキップ、EP-4

    night ゼルダ、スポイル

14日 フリクション、サロンミュージック

さて、この年いよいよ問題作「Lingua Franca-1」が日本コロムビアからリリースされることになるが、それは「Lingua Franca-1」の項で詳しく記したい。

前後する様だが、EP-4の構成メンバーを記す。

   佐藤 薫(voice)

好機 タツオ(guitar)

   三条 通(drums)

   バ・ナ・ナ(keyboard,tape)

ユン・ツボタジ(percussion)

   佐久間 コウ  (bass)

http://www5b.biglobe.ne.jp/~EP-4/EP-4-dark.htm