スマートフォン用の表示で見る

Earl Klugh

音楽

Earl Klugh

あーるくるー

Earl Klugh(アール・クルー, 1953年9月16日 - )はアメリカミシガン州デトロイト出身のジャズフュージョン界のギタリスト

当初 エレクトリック・ギターを弾いていたがアコースティック・ギターを中心に転向。

アコースティックギター(ナイロン弦ギター)を主体にした独自のスタイルを演奏。

18歳の時にジョージ・ベンソンのレコーディングに参加


1979年発表のボブ・ジェームスとの共演作One on Oneをジェームス主宰のタッパンジーレコードから発表、1981年グラミー賞ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を受賞する。


1985年ワーナー・ブラザーズレコードに移籍、Soda Fountain Shuffleを発表。1987年ジョージ・ベンソンとの共作Collaborationや、再びボブ・ジェームスと共演を果たし1991年にCoolを発表するなど、積極的にアルバムをリリースしていく。

 

1999年、ウィンダム・ヒルレコードに移籍、Peculiar Situationを発表、このアルバムにはロバータ・フラックをゲストに呼んでいる。