スマートフォン用の表示で見る

Electronica

音楽

ELECTRONICA

えれくとろにか

もともとはアメリカテクノ全般をさすジャンル名。

現在は、「WARPイギリスの老舗テクノレーベル)からリリースしているアーティスト達(特にAphex TwinAutechre)が切り開いた領域を(意図的であるどうかは別として)ルーツに持つエレクトロニック・ミュージック」というのが最も無難な定義。雑食性の高い音楽性が特徴で、エレクトロニカの音楽的特徴を定義するのはほぼ不可能であるが、あえてその家族的類似性を示せば、

「(当たり前だが)エレクトロニクスを前面に打ち出す」

「必ずしもフロアで機能することを目的としない」

「奇妙な音色/リズム/曲の構成を志向する傾向にある」

といったところか。

現在のエレクトロニカの代表的な流れは

フランスのエレクトロニカ勢

アーティスト

レーベル

もちろんこれらの分類は一面的で不十分なものに過ぎず、それぞれの流れはところどころで交錯しているし、別の角度からはまったく別の分類ができる。

このジャンルに分類される日本の代表的なアーティストは上記のJoseph NothingCOM.A以外に

Riow Arai

SKETCH SHOW

DJ KLOCK

NUMB

竹村延和

silicom?(高木正勝青木孝允

などである。

リスナー

リスナーは、サブカル系のお洒落君と根暗系マニアックス君とで、対立してきた経緯がある。

また、エレクトロニカリスナー特有と言われるスノッブ性を非難されることがある。それは前身のIDM(インテリジェント・デジタル(ダンス)・ミュージック)時代に端を発している。当時、IDMをインポテンツ・デジタル・ミュージックと揶揄する言説も登場した。フロア側からの批判もあったようだ。