Engineered Garments

一般

Engineered Garments

えんじにあどがーめんつ

エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)は、セレクトショップをメイン業態とするネペンテス社から発足したニューヨークの人気メンズブランド。レディースラインは「FWK by ENGINEERED GARMENTS(エフダブリューケー・バイ・エンジニアド ガーメンツ)」。

デザイナーは鈴木大器。バンタンデザイン研究所ファッションデザイン科卒業。1989年、ネペンテスの企画に参加。99年、エンジニアド ガーメンツをスタート。

エンジニアド ガーメンツのコレクションは、主にニューヨークで企画から生産が行われ、アメトラ、ミリタリーなどの要素を取り入れた実用的なデザインが人気となっている。日本の会社があえてアメリカからデザインを発信していることからも分かるように、古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラッシックを強く意識している。

2008年、メンズファッション誌のGQとCFDAが組んで始まった「GQ/CFDAメンズ新人デザイナー賞」にて最優秀賞を受賞。記念すべき第1回の受賞ブランドとなった。なお、この賞の受賞により、リーバイスとのコラボレーションが決定している。

エンジニアド ガーメンツのコレクションは、現在、日本を中心に、北米ヨーロッパで取り扱いがある。