F-ZEROファルコン伝説 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

F-ZERO ファルコン伝説

えふぜろふぁるこんでんせつ

ゲーム『F-ZERO』の世界観をベースにしたTVアニメ

2003年10月から2004年9月まで、テレビ東京系にて放送。全51話。

同名のゲームもゲームボーイアドバンスで発売されている。

あらすじ

ときは西暦2201年

人類はすでに宇宙に進出し、科学文明はさらに発達し栄えている。しかし現代と比べ貧富の差はさらに拡大し、悪はあいかわらずはびこっている。そんななか全宇宙の人々を熱狂させているのが専用のマシンとサーキットを使用して行われる全宇宙規模の高速レース「F-ZERO」である。音速を超えるスピードで疾走するマシンに乗り込み、宇宙各地に設置されたサーキットを転戦しながら、宇宙最速の称号をかけて競いあう未来世界のF-1レースである。

多額の賞金と最高の名誉を求めて全宇宙より集まってくる命知らずのパイロットたち。そんなパイロットたちのなかでもひときわ高い人気を集めているのが新人レーサーのリュウ スザクと謎の覆面パイロットキャプテン ファルコン。二人はどのレースにおいても必ず優勝にからみ、熾烈な戦いを繰り広げている。

しかし今をときめく人気パイロットリュウにはもう一つの顔があった。

リュウ スザクは2051年に任務中の事故で治療不可能な重傷を負いコールドスリープ処理をされた刑事だった。150年後に高機動小隊の手により回復、蘇生したのである。高機動小隊とは、高額なF-ZEROグランプリの賞金・利権に群がる組織犯罪、悪党を取り締まる銀河警察の秘密部隊である。失ってしまった自分の人生に呆然とするリュウ。しかし150年前の事故のきっかけとなった凶悪犯ゾーダがこの時代に復活し、再びF-ZEROを舞台に暗躍していることを知ったリュウは高機動小隊に参加することを決意する。リュウ過酷なレースを戦い続けながら、自分の過去と決別する戦いをも続けるのである。(公式ホームページより)