F-ZERO AX

ゲーム

F-ZERO AX

えふぜろえーえっくす

セガが2003年6月にアーケードゲームとしてリリースしたレースゲーム

任天堂セガコラボレーションタイトル。F-ZEROシリーズのアーケード版で、ニンテンドーゲームキューブ版『F-ZERO GX』とメモリーカードを介して連動する。開発は当時セガの子会社で、名越稔洋率いるアミューズメントヴィジョン。

使用システム基板はトライフォース。座席が可動するデラックス筐体と座席固定のスタンダード筐体が存在する。

全30台で順位を競う 「レースモード」 と、単独走行で最速タイムを目指す 「タイムアタックモード」 の2種類のゲームモードを用意。レースモードでは最大4人同時対戦が可能。

ライセンスカード(磁気カード)を使用するとカスタムマシンデータ、走行データ、パイロットポイントなどを記録でき、インターネットランキングにも参加できる。

筐体にあるGCメモリーカードスロットに、GC版『F-ZERO GX』のデータを保存したメモリーカードを挿してプレイすると、GXでガレージ登録したデフォルト/カスタムマシンをAXで使用できる。また、AXのオリジナルマシンやコース、カスタムパーツがGXで使用可能になる。