スマートフォン用の表示で見る

FC今治

スポーツ

FC今治

えふしーいまばり

愛媛県今治市本拠地とするサッカークラブ


1976年、大西サッカークラブとして発足。

1991年、今越FCに改称。

2004年、愛媛しまなみFCに改称。

2009年、愛媛FC傘下のアマチュアチーム(セカンドチーム)となり、チーム名を愛媛FCしまなみと改称。

2011年四国サッカーリーグで初優勝。

2012年、チーム運営組織を愛媛FCから有限会社アークに移管し、チーム名をFC今治と改称。天皇杯全日本サッカー選手権大会では、2回戦でJ1のサンフレッチェ広島を2-1で破るジャイアントキリングを演じた。

2014年11月、サッカー日本代表の元監督・岡田武史が運営法人である「株式会社今治.夢スポーツ」の株式51%を取得、オーナー経営者に就任した。Jリーグ加盟、J3リーグ昇格を目指して本格的に活動を開始。

2015年シーズンは四国サッカーリーグで4回目の優勝を果たしたが、全国地域サッカーリーグ決勝大会ではグループリーグ敗退に終わり、日本フットボールリーグJFL)昇格を逃した。

2016年シーズンより吉武博文が監督に就任。同年2月23日、Jリーグ理事会においてJリーグ百年構想クラブとして承認された。同年の四国サッカーリーグで5回目の優勝を果たし、全国地域サッカーチャンピオンズリーグの出場権を獲得。全国地域サッカーチャンピオンズリーグでは優勝し、日本フットボールリーグJFL)昇格を決めた。