クラブワールドカップ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

FIFAクラブワールドカップ

ふぃふぁくらぶわーるどかっぷ

[英] FIFA Club World Cup

FIFAクラブワールドカップは、国際サッカー連盟FIFA)が主催する、6大陸のクラブチームチャンピオンが集うサッカー世界選手権

歴史

第1回、2000年1月に「FIFAクラブ世界選手権」としてブラジルで開催。

第2回は欧州のシーズン開幕前の2001年7月から8月にかけてスペインを舞台に、12クラブ*1が参加して開催する予定だった。しかし、FIFAマーケティングパートナーだったISL社の倒産などにより、開催を中止。

2005年にトヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップインターコンチネンタルカップトヨタカップ)と統合し、FIFAクラブ世界選手権クラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005)として事実上の第2回を日本で開催。

2006年より「FIFAクラブワールドカップ」と名称変更。第3回は、FIFA Club World Cup Japan 2006 presented by TOYOTAとして開催される。

2007年も日本開催。この大会より開催国枠が新設され、開催国の1部リーグ優勝チームが出場できるようになった。ただし、開催国のチームが所属地区のチャンピオンズリーグを制覇した場合、開催国以外の最上位チームがその枠で出場する*2

2009年からの2年間は、アラブ首長国連邦で開催された。

2011年からの2年間は、再び日本で、2013年からの2年間は、モロッコで開催された。

2015年の日本開催から、トヨタに代わってアリババ・グループがタイトルスポンサーにつき、FIFA Club World Cup 20xx presented by Alibaba E-Autoという正式名称になる。

歴代優勝クラブ

年度開催国優勝クラブ準優勝クラブゴールデンボール
MVP
備考
2000ブラジルコリンチャンス・パウリスタ
(ブラジル・開催国枠)
CRヴァスコ・ダ・ガマ
(ブラジル・南米王者)
エジウソン
(コリンチャンス・パウリスタ)
2007年、正式に第1回と認定
2001スペイン---中止
2005日本サンパウロFC
(ブラジル・南米王者)
リヴァプールFC
(イングランド欧州王者)
ロジェリオ・セニ
(サンパウロFC)
トヨタカップと統合
三浦知良シドニーFCから出場
2006日本SCインテルナシオナル
(ブラジル・南米王者)
FCバルセロナ
(スペイン欧州王者)
デコ
(FCバルセロナ)
岩本輝雄オークランド・シティから出場
2007日本ACミラン
(イタリア欧州王者)
ボカ・ジュニアーズ
(アルゼンチン・南米王者)
カカ
(ACミラン)
開催国枠新設
浦和レッズアジア代表として3位
2008日本マンチェスター・ユナイテッドFC
(イングランド欧州王者)
リガ・デ・キト
(エクアドル・南米王者)
ウェイン・ルーニー
(マンチェスター・ユナイテッド)
ガンバ大阪アジア代表として3位
2009UAEFCバルセロナ
(スペイン欧州王者)
エストゥディアンテス
(アルゼンチン・南米王者)
リオネル・メッシ
(FCバルセロナ)
岡山一成浦項スティーラーズから出場
2010UAEインテル・ミラノ
(イタリア欧州王者)
TPマゼンベ
(DRコンゴ・アフリカ王者)
サミュエル・エトー
(インテル・ミラノ)
アフリカ王者が初の決勝進出
2011日本FCバルセロナ
(スペイン欧州王者)
サントスFC
(ブラジル・南米王者)
リオネル・メッシ
(FCバルセロナ)
柏レイソルJリーグ王者として開催国枠出場
2012日本コリンチャンス・パウリスタ
(ブラジル・南米王者)
チェルシーFC
(イングランド欧州王者)
カッシオ・ラモス
(コリンチャンス・パウリスタ)
サンフレッチェ広島Jリーグ王者として開催国枠出場
2013モロッコバイエルン・ミュンヘン
(ドイツ欧州王者)
ラジャ・カサブランカ
(モロッコ・開催国枠)
フランク・リベリー
(バイエルン・ミュンヘン)
開催国王者が現行形体下初の決勝進出
2014モロッコレアル・マドリード
(スペイン欧州王者)
CAサン・ロレンソ
(アルゼンチン・南米王者)
セルヒオ・ラモス
(レアル・マドリード)
岩田卓也オークランド・シティーから出場
2015日本FCバルセロナ
(スペイン欧州王者)
CAリーベル・プレート
(アルゼンチン・南米王者)
ルイス・スアレス
(FCバルセロナ)
サンフレッチェ広島Jリーグ王者として開催国枠出場し3位

*1:日本からはアジア王者としてジュビロ磐田

*2:2007年、2008年は日本のチームがAFCチャンピオンズリーグを制覇したため、準優勝のチームも出場した。この枠での開催国の出場は、2009年のアル・アハリ・ドバイ(UAE)が初となる