ファイナルファンタジータクティクス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

FINAL FANTASY TACTICS

ふぁいなるふぁんたじーたくてぃくす

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1997年6月20日に発売したプレイステーションシミュレーションRPG

シミュレーションRPGの名作『伝説のオウガバトル』や『タクティクスオウガ』でゲーム界に名を馳せたゲームクリエイター松野泰己。彼お得意のシミュレーションRPGの文法を用いて、もうひとつの「FF」の世界を作り送りあげたのが、「ファイナルファンタジー タクティクス」だ。その名作が「PS one Books」としてエントリーされることとなった。

その昔、大国イヴァリースで起こった「獅子戦争」。その熾烈を極めた戦いは、英雄王ディリータによって終結したと語られていたが、長い年月の間、隠ぺいされていた書物には真の英雄、ラムザの存在が記されていた…。本タイトルでは、ふたりの青年の対称的な生きざまを描いた長編ストーリーが語られる。

シミュレーションRPGという形態、ストーリーでは松野ワールドが色濃く強調されながらも、見ごとに「FF」シリーズの世界と融合しているといえる本作。ジョブシステムやアビリティ、「ケアル」といったおなじみの魔法が出てくるので、シミュレーションRPG未経験でも「FF」ファンならすんなりと新たなシリーズの世界に入っていけるだろう。高低差のある立体的な3Dフィールドで、それまでのシリーズとは違う、少々タクティカルな戦闘を堪能したい。(荒沢有紀哉)

Amazon.co.jpレビュー

FFT」と略されることもある。続編として「Final Fantasy Tactics Advance」「FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア」がある。

PSP移植版「FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争」が2007年5月10日に発売された。新ジョブやムービーなどが追加されている。